議員の海外視察

宮城県議会の最近のブログ記事

ニュージーランド海外視察・控訴理由書提出しました

平成26年3月25日から同年3月31日にかけて、宮城県議会所属の議員によりニュージーランドへの海外視察が実施され、視察費用として合計360万円の公金が支出された件に関する住民訴訟について、本日、仙台高等裁判所に控訴理由書を提出しました。

要旨としては、原判決(仙台地方裁判所平成29年2月1日判決)が、
  1. 県議会の裁量を広く認めすぎていること
  2. 事前準備・検討の不十分さを見過ごしていること
  3. 個々の視察先について安易に適法と判断していること
  4. 違法と認定した箇所についての損害額認定を誤っていること
などについて主張をしました。
詳細は以下に控訴理由書を添付しておりますのでご参照下さい。

本裁判については宮城県も控訴をしており、高等裁判所での審理も引き続き重要なものとなってきます。
第1回裁判期日が決まりましたら、おって報告させていただきます。

【控訴理由書】

【4月10日追記】
仙台高等裁判所の第1回期日が以下の通りに決まりました。
興味がある方は、是非、傍聴にお越し下さい。

 平成29年6月6日(火)
 裁判所402号法廷(予定)

(宮腰英洋)

ニュージーランド海外視察・本日控訴を申し立てました

平成26年3月25日から同年3月31日にかけて、宮城県議会所属の議員によりニュージーランドへの海外視察が実施され、視察費用として合計360万円の公金が支出された件に関する住民訴訟について、本日、仙台高等裁判所に控訴を申し立てました。

以前記事で報告したとおり、仙台地方裁判所の判決では一部返還が認められましたが、

  1.  議会の裁量権を余りに広く認めている点で市民感覚から乖離していると考えられること
  2.  全旅程の40%が違法であると認定しながら、全旅費(航空運賃等を含む)の40%ではなく、4日目及び5日目の宿泊費及び交通費等のみを違法と判断したこと

などにおいて、上級審の判断を仰ぐ必要があると判断しました。

本裁判については、今後も継続的に報告させていただく予定です。

(宮腰)

ニュージーランド海外視察・一部返還を認める判決

 平成26年3月25日から同年3月31日にかけて、宮城県議会所属の議員によりニュージーランドへの海外視察が実施され、視察費用として合計360万円の公金が支出された件に関する住民訴訟について、本日、判決がなされ、各議員に支出された公金のうち、7万3487円(合計29万3948円)が違法であるとし、これを返還請求すべきとしました。

 判決内容については疑問を感じる点もありますが(詳細は下記コメントをご覧ください。)、裁判所が全旅程のうち40%を違法と判断したことの重みは大きいものと思われます。

 多くのみなさまに判決内容を知っていただきたいと思い、取り急ぎ、ご報告させていただきます。

【判決を受けてのコメント】

 本日、宮城県議会議員・ニュージーランド海外視察に関する住民訴訟の判決がなされた。
 本訴訟は、平成26年3月25日から同年3月31日にかけて実施された上記視察に対し、視察費用として一人当たり90万円(合計360万円)の公金が支出されたことの是非を問うものであった。
 これに対し、本判決は各7万3487円(合計29万3948円)が違法であるとし、これを返還請求すべきとした。
 本判決は議会の裁量権を余りに広く認めている点で妥当でない。遊行を主目的とした観光旅行を実施したような場合にしか裁量違反を問わないかのごとき基準を述べており不当である。県政に資するかどうかではなく遊行かどうかを基準としており、市民感覚から乖離したものと言わざるを得ない。
 各視察先についても、宮城県政との関連性が薄くとも、議員がもっともらしい弁解をすればそれを容れて免責しており、不当である。
 このような極めて不十分な基準及び判断においてすら、旅程の4日目及び5日目が視察先と視察目的との関連性が認められず、遊行と認定されている。球場でのラグビー観戦が主目的であったり、ワイナリーでワインを飲んだに過ぎないと厳しく指摘されている。
 損害論について、本判決は、全旅程の40%が違法であると認定しながら、4日目及び5日目の宿泊費及び交通費等のみを違法と判断した。しかし、全旅程の40%が違法であるならば、全旅費(航空運賃等を含む)の40%を違法と判断すべきである。
 本件海外視察の宮城県政に対する意義は認められず、宮城県議会は震災復興調査などの名目でこのような視察を安易に実施したことについて猛省すべきであり、遊行を可能とするような海外視察制度は直ちに廃止すべきである。
 オンブズマンとしては、控訴を検討する。

【判決文】

 ※ 裁判所が認定した事実の箇所です。
 ※ 裁判所が具体的判断を示した箇所です。
(宮腰英洋)

ニュージーランド海外視察・仙台地裁での審理終結し判決へ

平成26年3月25日から同年3月31日にかけて、宮城県議会所属の議員によりニュージーランドへの海外視察が実施され、視察費用として合計360万円の公金が支出された件に関する住民訴訟について、本日、審理が終結となりました。

次回に判決となり、判決期日は「平成29年2月1日(水)13時10分~」と予定されました。
ご興味がある方は、是非、傍聴にお越しいただければと思います。

これまでの審理を通じて、派遣議員らの証言等から、派遣の実態がより一層明らかになりました。(詳細は以下のこちらが提出した準備書面をご覧いただければと思います。)

私たちは、派遣議員らの表面的主張を鵜呑みにせず、具体的な視察実態に基づいた厳正な判断がなされることを強く望んでいます。


(宮腰 英洋)

宮城県議会ベトナム海外視察の件(監査請求~提訴)について

 

畠山です。

宮城県議会のベトナム海外視察の件について報告していませんでしたのでまとめて報告します。

宮城県議会は,震災後行っていなかった海外視察を,昨年度復活させました。

そして,自由民主党県民会議の議員7名が議会から派遣され,平成26年5月5日~5月9日,ベトナム海外視察が実施されました。また,後述しますが上記視察に政務活動費を使って自由民主党県民会議の菊地恵一議員が同行していました。

 

平成26年11月28日,宮城県議会のベトナム海外視察について監査請求

(内容)

①派遣議員らなどに支出した海外視察費用(3,448,664円)の返還などを求める

②議会から派遣されていないにもかかわらず視察に同行した菊地恵一議員が政務活動費から支出した費用の返還などを求める

海外視察(ベトナム)監査請.pdf

 

平成27年1月26日監査結果通知があり,請求棄却されました。

請求書+通知書案(最終版).pdf 

平成27年2月24日訴訟提起(事件番号:仙台地方裁判所平成27年(行ウ)第6号(第2民事部))。

【第1回期日】 5月13日午後2時~

ベトナム・訴状.pdf

【提訴の内容について】

当初,議会派遣による海外視察による支出そのものを争う予定でした。

しかし,先のニュージーランド海外視察と比較するとベトナム海外視察は案外まともに視察をしていました。(というよりも,ニュージーランドの内容がひどすぎる,といったほうがいいかもしれません。)

一方,ベトナム海外視察については,監査請求の結果,議会が派遣した議員以外の議員が,政務活動費を使って,全く同じ行程で参加していた,という事実が浮かび上がりました。

議会が,政務活動費と別途,議会独自の予算を使って議員を派遣している中,全く同じ目的,全く同じ行程で政務活動費を使って参加する(「同行視察」)のは,無駄以外の何者でもありません。

そこで,仙台市民オンブズマンでは,ベトナム海外視察については本訴訟では,「同行視察」の是非を問う,ために提訴をした次第です。

畠山裕太

 

 

 

ニュージーランド海外視察・訴訟提起しました

平成26年3月25日から同年3月31日にかけて、宮城県議会所属の議員によりニュージーランドへの海外視察が実施され、視察費用として合計360万円の公金が支出されました。

本件海外視察について、当オンブズマンは、平成26年8月20日付けで、監査請求を行いました。
→ ブログ記事はこちら

監査請求に対し、同年10月16日付けで、監査請求を棄却する旨の判断がなされました。

同監査結果については、残念ながら十分なものとは思われなかったことから、当オンブズマンは、本日付で、仙台地方裁判所に対し、本件海外視察に係る視察費用の返還を求める訴訟を提起致しました

提訴にあたってのコメントは、以下をご参照ください。

今回の訴訟をきっかけに、多額の公費を支出して実施される海外視察について、県民のみなさまと一緒に考えていければと思っております。

(宮腰 英洋)

宮城県議会の海外視察・監査請求書を提出しました

平成26年3月25日から同年3月31日にかけて、宮城県議会所属の議員によりニュージーランドへの海外視察が実施され、視察費用として合計360万円の公金が支出されました。

この海外視察は、未だ東日本大震災による復興が半ばである中なされたものであり、視察先・内容も一般には観光名所とされる箇所を回ったものにすぎませんでした。

また、視察後に県議会議長に提出された報告書の内容も、抽象的なものであり、県の施策等に活用しえないものと思われました。

そのため、当オンブズマンは、本日平成26年8月20日、この海外視察についての監査請求を申し立てました。


当オンブズマンは、本監査請求につき、厳正かつ適切な監査・措置がなされるよう、強く望みます。

(宮腰英洋)

県海外視察;上告受理申立理由書提出しました!

先日の県海外視察住民訴訟に対する仙台高裁の判決に対し不服があったため、オンブズマンは上告し、6月22日付で上告受理申立理由書を提出しました。

提出した書面の内容については img-622113741.pdfをごらんください。

時間がない方のために、簡単にどんなことが記載されているのかご説明しますと・・・。

 

 

まず、仙台高等裁判所の原判決には、以下の2点の誤りがありました。

 

議会による派遣命令の違法性と派遣された議員が受け取った旅費の支出行為の違法性とを混同し、結局いずれについても裁量行為として緩やかに審査している点

 

②原判決は、違法性の判断に当たって、裁量権の濫用・逸脱という古典的できわめて緩やかな基準を採用している点

 

の2点です。

 

そこで、上告受理申立理由書では、

 

①の点については、議会による派遣命令の違法性と派遣された議員が受け取った旅費の支出行為は明確に区別され、後者については、裁量権がないことから違法性については厳しく審査すべきであること

 

②の点については、議会による説明責任の原則を考慮し、また最近の下級審の動向を踏まえ、裁判所としては、より踏み込んだ審査をすべきであること

 

を指摘しました。

 

 

 

 

県議会海外視察公金支出返還訴訟控訴審判決についてのコメント

 高裁は、議会や議員の裁量権逸脱を認めなかった地裁判決を支持したどころか、地裁が「調査させる合理的必要性に疑念を生じさせる」「調査・見学させる必要性については疑問を差し挟む余地があるといわざるを得ない」とした部分すら書き改めて、さらに後退した判断をした。


 オンブズマンは、海外視察が適法と言えるためには、現地調査の具体的必要性があり、十分な事前準備の下に、実際に成果が上がるような調査がなされ、その調査結果が報告書に記載されて県政に反映されるようなものでなければならないと主張した。


 これに対し控訴審は、調査目的に即した見学などを行って「調査目的について理解を深めたものと認められれば」視察を行う必要が認められると判示し、また調査目的に含まれていない観光資源の調査を行ったことについても、県の観光政策の在り方を考えるに当たって「全く関係がないとはいえない」上記の観光地を見学したとしても、本件海外視察が全体として観光目的のものであったと断ずることはできないと判示した。

 

 つまり県政と関連性のある調査目的が掲げられ、県の政策の在り方を考えるに当たって全く関係がないとはいえない見学が行われれば、県の政策について理解を深めることができるので適法だ、というのが高裁の判断枠組みである。この論法を当てはめると、観光政策調査を調査目的に掲げれば、全行程を観光施設見学に当てたとしても、観光政策について理解を深めることができるので適法ということになる。県議会は本件提訴後海外視察を事実上自粛してきたが、県議はこれで大手を振って海外旅行に出かけられることになる。


 高裁判決は、司法の行政チェック機能を放棄し、海外視察に名を借りた議員の観光旅行を容認する結果となる非常識な判断である。オンブズマンとしては上告受理申立を検討する。(坂野)

 

【控訴】宮城県議会の海外視察訴訟


標記事件は請求が棄却されていました。

本日(11月2日),標記事件について控訴しました。
控訴審では,安易に議会の裁量論に陥ることなく,税金を投入してまで許される海外視察だったのか,を市民・納税者の感覚で判断してもらいたいと思います。
                                         そごう