その他

全国市民オンブズマン大会の最近のブログ記事

第20回 全国市民オンブズマン京都大会に参加してきました

CIMG5432オンブズ全国大会(京都)縮小.jpg

9月7日、8日に京都市で第20回全国市民オンブズマン京都大会「このままやったら、あきまへんどすなぁ議員さん」が開催されました。(詳細は、全国市民オンブズマン連絡会議のホームページをご参照ください。)

全国から230名、仙台からもオンブズマンとタイアップグループのメンバー総勢14名が参加しました。全国大会から既に3ヶ月以上経過しているところではありますが、以下、ご報告致します。

 

1 全体会

 

● 全体会の概要

全国地方公共団体の議会が形骸化し、議員活動の透明性も問題となっている中、議会における質問を精査し、調査研究活動を行った形跡を調べるべく、仙台市民オンブズマンがさきがけとなり、「議員通信簿」を導入しました。(議員通信簿の詳細については議会ウォッチャー・仙台のホームページをご参照ください。)

全体会では、議員通信簿の活用方法などを交え、議会改革と政務調査費(政務活動費)に関する調査報告や、現職の奈良県生駒市長の山下真氏twitter)を交えたパネルディスカッションが開催されました。

 

● 小野寺信一弁護士による報告

当オンブズマンからは、議員通信簿の発案者である小野寺信一弁護士が報告を行い、仙台市議会における議員通信簿ランキングの概要や、良い質問の例、悪い質問の例を紹介しました。

 

良い質問の例としては、事前・現場調査を踏まえ、具体的な改善案を提示し、1つの問題について具体的かつ多角的な質問がなされており、参照されるべきものと思われます。

悪い質問の例としては、事前・現場調査が無く、担当者に聞けば分かるような内容であることや、改善点の提示もなく抽象的な質問がなされており、議会における質疑を行う意義を疑わせるものであり改善が望まれます。

 

● パネルディスカッション

パネルディスカッションには、山下市長の他小野寺信一弁護士らも参加し、地方議会の形骸化の実態やその原因、対策等について議論が交わされました。

 

議会の形骸化の原因としては、議会を目の前で見て評価する者がおらず、議会がセレモニー化していることなどが指摘されました。

形骸化への対策として、現在のような個人プレーによる調査・質問ではなく会派全体による組織的な調査がなされるべきこと、専門家に調査を委託し協働すべきであること(地方自治法第100条の2に議会が専門的事項に係る調査を専門家に委託できる旨の規定があります。)等が指摘されました。

また、議会活性化のために市民オンブズマンとして取り組むべきこととして、議員通信簿などを通じて議会の活動を広く市民の方々に知ってもらい、評価・批判の目に晒すことで議員側の意識改革をすること、裁判などを通じて議員に説明責任を果たさせること、などが指摘されました。

 

2 分科会

 

● 分科会1 議会分科会

全体会に引き続き、議会の形骸化の原因等について会場発言を交えながら議論がなされました。

会場発言では、議会議員経験者からの発言も多数なされ、議員報酬削減により議員の循環を促すべきこと、組織力やコネで当選できる現行の選挙制度に問題があること等が指摘されました。

山下市長からは、議会活性化のために、反問権首長ほか職員が、議長の許可により議員の質問に対して論点・争点を明確にするため、反問することができるもの。)創設の提案がなされました。

当オンブズマンからは、庫山恆輔が、議員通信簿を活用し、質問と政務調査の相関関係を調査すべきだとの発言を行いました。

 

● 分科会3 警察問題分科会

警察問題分科会では、名著『警察崩壊』の作者であり警察裏金問題の告発で有名な原田宏二氏による、「監視社会と警察」というテーマでの講演がなされました。

講演の中では、大量の監視カメラ、Nシステム、インターネット監視法や携帯電話のGPS機能を活用し、警察が犯罪捜査という目的を逸脱して大量の情報を収集し国民のプライバシーを脅かしている実態が紹介されました。また、警察が捜査関係事項照会(刑事訴訟法197条2項)という「水戸黄門の印籠」を振りかざし、令状主義が骨抜きにされていることにも警鐘が鳴らされました。

最後に、「特定秘密保護法」が凋落しつつあった警備・公安警察の起死回生の法となり、オンブズマンをはじめとする市民の政治参加活動が一層監視され、取締の対象となる可能性もあるということが述べられました。

仙台市民オンブズマンからは、自衛隊の国民監視差止訴訟や特定秘密保護法反対運動に参加する弁護士らが参加しました。警察組織の腐敗を身を持って体験した原田氏による権力暴走の危険性についての話は、大変説得力があり、私たちが日頃行っている活動の意義を改めて感じることが出来ました。

 

3 2日目 

 

全国大会2日目には、各地のオンブズマンからの報告がなされました。

当オンブズマンからは、渡部雄介弁護士が、震災がれき処理問題について(詳細は、ブログ記事をご参照下さい。)の報告を行いました。

その後は、特定秘密保護法制とオンブズマン活動への影響に関する報告がなされ、最後に大会宣言を行って大会は終結となりました。

 

4 最後に

 

今回の全国大会では、当オンブズマンがさきがけとなった議員通信簿の活用が議論されたことはとても意義深いことだと考えております。

議会の形骸化の原因はこれまで議会を評価してこなかった市民の怠慢だとの厳しい意見も出ました。当オンブズマンとしても、宮城県議会や仙台市議会の活動を広く市民の皆様に知っていただき、興味を持っていただけるような活動をしていきたいと考えております。

 

全国大会ももちろんですが、秋の京都も満喫することができました。また、初日夜には先斗町にオンブズマンメンバーで繰り出し、交流を深めることができました。

全国津々浦々を巡ることができるのも、全国大会の大きな魅力の一つと思います。

 

(宮腰英洋)