仙台市地下鉄

地下鉄東西線の最近のブログ記事

【震災後】地下鉄東西線の事業廃止を申し入れました

 ご報告が遅くなりましたが,5月18日,仙台市長に対して地下鉄東西線の事業廃止を申し入れました。
 詳細は申入書(→地下鉄東西線廃止の申し入れ書110518_.pdf)のとおりです。
今まで,仙台市は東西線の需要予測のやり直しをかたくなに拒んでいました。震災によって,東西線の乗客見込みはより厳しい状況に追い込まれてしまいました。市バスを荒井駅に結節させて仙台市東部の住人を地下鉄の乗客にしようという目論見ははずれそうです。
 少なくとも,震災後を見越して需要予測をやり直し,その内容を市民に公表し,それでも地下鉄東西線を建設するのかどうか,市民の意見を聞くべきでしょう。
 震災で多額の予算が必要になるにもかかわらず,地下鉄東西線というハコモノが本当に必要なのか,作ってしまって赤字を垂れ流すことを容認できるのか,慎重に見極めるべきでしょう。
                                           そごう

地下鉄東西線建設中止要請文を送付しました

10月9日に内閣総理大臣・国土交通大臣・内閣府特命担当大臣(行政刷新)に対して、地下鉄東西線の建設中止の要請文を送付したのに続き、10月17日付で下記大臣、副大臣、政務官に対して、議員会館の個人事務所宛てに、要請文を送付いたしました。
内閣府特命担当大臣(行政刷新) 仙谷 由人 
大臣政務官 泉健太  
国土交通大臣 前原 誠司 
国土交通副大臣 辻元 清美 馬淵 澄夫 
国土交通大臣政務官 長安 豊  三日月 大造  藤本 祐司  
財務大臣 藤井 裕久  
財務副大臣 野田 佳彦 峰崎 直樹  
財務大臣政務官 大串 博志 古本 伸一郎
総務大臣 原口一博  
総務副大臣 渡辺 周  内藤 正光 
総務大臣政務官 小川 淳也  階 猛  長谷川 憲正 
  要請文の要旨は以下の二点です。詳細は、要請文をご覧ください。
1 仙台市営・地下鉄東西線建設を直ちに中止する措置をとってください。
2 国は仙台市に対し、第4回パーソントリップ調査結果を前提に仙台市が事業許可申請した条件で需要予測を再計算するよう指示してください。
                                かわむら

要請文の詳細はこちら→要請書(内閣府宛)091017.doc